Notebook PC シリーズ - USBマウス接続時に内蔵タッチパッドを無効にしたい(Synaptics Touchpad Driver)
解説

USB マウスをノートブック PC に接続している時に、自動的に内蔵タッチパッド機能を無効にする設定方法についてご案内いたします。 この設定は、USB マウスが接続されていない時は内蔵タッチパッドを使用できます。

対象条件
» このコンテンツの対象条件 (対象機種、対象 OS など) については、こちらをご覧ください。

操作手順

  1. 次のいずれかの方法で[マウスのプロパティ]を開きます。

    • タスクトレイの[Synaptics ポインティング デバイス] アイコン をダブルクリックします。

    • Windows XPの場合
      [スタート] → [コントロールパネル] → [プリンタとその他のハードウェア] → [マウス] の順にクリックします。

      Windows Vista /7 の場合
      [スタート] → [コントロールパネル] → [ハードウェアとサウンド]→ [マウス] の順にクリックします。

  2. [マウスのプロパティ] が表示されますので、[デバイス設定] タブを開きます。

  3. [USBマウス接続時に内蔵ポインティングデバイスを無効にする。] にチェックをして、 [OK] をクリックします。

    ※ 表示画面はドライババージョンによって異なる場合があります。

    NOTE:
    • [ デバイス設定 ] タブが表示されていない場合、タッチパッドドライバ ( Synaptics Touchpad Driver ) がインストールされていません。 弊社ダウンロードページからドライバーをダウンロードしてインストールしてください。

    • ご使用の製品によっては、「デバイス設定」タブの中に、[USBマウス接続時に内蔵ポインティングデバイスを無効にする。] のチェック項目が表示されていないことがあります。

      この場合は、本機能には対応しておらず、USB マウスを接続した時に自動的に内蔵タッチパッドを無効にする設定は行えません。 USB マウスを接続した後に、上記 手順 3 の画面で[無効]ボタンをクリックして、手動で内蔵タッチパッドを無効にします。

      操作手順の詳細を確認するには、下記のサポート情報をご覧ください。
        » タッチパッドを無効にする方法 (Synaptics Touchpad Driver)

対象条件
  • 対象機種

    2010年夏以降発売の以下製品

    個人向けノートPC

    • HP 2000 シリーズ
    • HP Folio13 シリーズ
    • HP G62 Notebook PC シリーズ
    • HP Mini 110, Mini 210 シリーズ
    • HP ENVY14, 15, 17 シリーズ
    • HP Pavilion Notebook PC g シリーズ
      g4-1000, g4-1100, g4-1300, g6-1000, g6-1100, g6-1300
    • HP Pavilion Notebook PC dm シリーズ
      dm1-3000, dm1-3200, dm1-4000, dm1-4100, dm4-3000
    • HP Pavilion Notebook PC dv シリーズ
      dv4-3100, dv6-3000, dv6-3200, dv6-4000, dv6-6100, dv6-6b00, dv6-6c000
      dv7-4000, dv7-4100, dv7-4200, dv7-5000, dv7-6100, dv7-6b00, dv7-6c000

    法人向けノートPC

    • HP 630, HP 635
    • HP ProBook Notebook PC シリーズ
      4320s, 4420s, 4520s, 4525s, 4720s, 5220m
  • 対象ツール

    • Synaptics Touchpad Driver

» 解説に戻る

関連情報

タッチパッド オン・オフボタンで内蔵タッチパッド機能を無効にする場合は、以下の手順をご覧ください。
  » タッチパッドのオン・オフ(有効・無効)を切り替える方法

文書情報

Q&A 番号 : NBQA000949
最終更新日 : 2012/04/05